日本の工業の父

山尾 庸三

やまお ようぞう

萩博物館 蔵

明治時代の官僚

1837(天保8)年〜1917(大正6)年

 1837(天保8)年、山尾家の子として吉敷郡二島(現 山口市)で生まれました。1863(文久3)年にいわゆる「長州ファイブ」の1人としてイギリスに密航留学し、グラスゴーで造船を学び、1870(明治3)年に帰国しました。

 新政府に登用されると新しい時代の産業を盛んにするため「工部省」を設けることを主張し、実現させます。技術者を育てる学校をつくることも強く主張し、「工部省工学寮(現 東京大学工学部)」を創設させます。さらに技術を学ぶには感性も磨く必要もあると考え、「工部美術学校(現 東京芸術大学)」を設立。やがて国の工業部門のトップである工部卿となりました。イギリスで見ることや聞くことが不自由な人が造船技術者として活躍していたことに感動し、そうした人たちの教育にも力を尽くしました。

 そして満80歳で亡くなるまで日本工学会長を務め、工業に関わる人を育て続けました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • きらり山口人物伝 Vol.2 夢チャレンジ(夢チャレンジ出版事業刊行委員会 制作)山口県ひとづくり財団
  • 奮発震動の象あり 防長教育史の人びと(松野浩二 著)大村印刷(株)
  • その後の長州五傑(松野浩二 著)大村印刷(株)
  • 郷土の発展につくした人びと 山口の先人たち( 「山口の先人たち」編集委員会著)光文書院

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »