第3代・第9代内閣総理大臣

山県 有朋

やまがた ありとも

山口県文書館 蔵

明治・大正時代の軍人・政治家

1838(天保9)年〜1922(大正11)年

 1838(天保9)年、萩で生まれ、吉田松陰の松下村塾に学びました。その後、奇兵隊に入って軍監となり、幕府軍との戦い(第2次長州征討)などで活躍しました。

 1869(明治2)年、兵制を調査するためヨーロッパへ渡りました。帰国後、やがて兵部大輔となり、後に「徴兵制」を定めて近代軍制の基礎を築きました。政府の新政に不満を持つ士族らが起こした西南戦争では、政府軍を指揮しました。1878(明治11)年に参謀本部が設置されると同時に、初代参謀本部長となりました。

 1885(明治18)年に伊藤博文が初代内閣総理大臣となった際には、初代内務大臣を務め、地方制度に強い意欲を持ち、ヨーロッパへ渡って視察しました。1889(明治22)年には、第3代内閣総理大臣となり、「府県制」や「郡制」を公布。再び1898(明治31)年にも、第9代内閣総理大臣を務めました。伊藤博文が亡くなった後、元老として軍や政界に強い影響力を持ち、満83歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • 山県有朋の「奇兵隊戦記」(一坂太郎 著)洋泉社
  • 山県有朋と明治国家(井上寿一 著)日本放送出版協会
  • 山県有朋(伊藤之雄 著)文芸春秋
  • 山県有朋(藤村道生 著)吉川弘文館
  • 明治長州の三宰相(三好啓治 著)三好啓治
  • 吉田松陰の予言(浜崎惟 著)星雲社

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »