初代司法大臣、日本大学の学祖

山田 顕義

やまだ あきよし

萩博物館 蔵

幕末の志士、明治時代の政治家

1844(弘化元)年〜1892(明治25)年

 1844(弘化元)年、萩藩士の家の長男として萩で生まれました。村田清風は大伯父に当たります。藩校「明倫館」や吉田松陰の「松下村塾」に学び、尊王攘夷運動に奔走。大村益次郎から西洋兵学を学び、1868(慶応4・明治元)年から始まった戊辰戦争では新政府軍の参謀として戦いました。

 1869(明治2)年に兵部大丞となり、翌年大阪に兵学校を設けます。1871(明治4)年、岩倉使節団に参加して欧米を視察し、法律の制定や教育の重要性を認識するようになりました。その後、木戸孝允の有力幹部となり軍人から政治家へ。第1次伊藤内閣で初代司法大臣に就任します。やがて伊藤博文・井上馨・山県有朋に次ぐ実力者となり、黒田内閣・第1次山県内閣でも司法大臣を務め、民法・商法など日本の近代法の整備に力を尽くしました。日本法律学校(現 日本大学)の創設などに関わり、教育の発展にも貢献し、満48歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • 日本巨人伝山田顕義(佐藤三武朗 著)講談社
  • 小ナポレオン山田顕義剣と法典(古川薫 著)文藝春愁

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »