愛に生きた作家

宇野 千代

うの ちよ

宇野千代生家(岩国市観光振興課 写真提供)

大正・昭和・平成時代の作家

1897(明治30)年〜1996(平成8)年

 1897(明治30)年、玖珂郡横山村(現 岩国市川西)で生まれました。岩国高等女学校を卒業後、代用教員になりますが、恋文が問題となって辞め、京城(現 韓国 ソウル)へ。帰郷後はいとこを頼って京都、東京へ。雑誌記者などをしていとこを支えます。いとこと結婚後、北海道へ。1921(大正10)年、懸賞小説に応募した『脂粉の顔』が一等に入選。翌年、上京し、作家活動に入ります。やがて離婚し、作家・尾崎士郎と結婚。その後、取材のため訪ねた画家・東郷青児と暮らし始め、尾崎とは離婚。1936(昭和11)年には日本初の女性ファッション誌『スタイル』を創刊。その後、編集に参加していた作家・北原武夫と結婚します(1964年に離婚)。

 戦後は着物のデザインを手掛けるとともに、小説を書き続けます。50歳から『おはん』の連載を始めると大反響を呼び、野間文芸賞や女流文学賞を受賞。85歳から自伝的エッセイ『生きて行く私』の新聞連載を始めると、力強い生き方が話題を呼び、その単行本はベストセラーになります。また、故郷を愛し続け、1990(平成2)年には岩国市名誉市民に。同年、文化功労者として表彰され、6年後、満98歳で生涯を閉じました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »