山口県の自然保護にも力を尽くした画家

高島 北海

たかしま ほっかい

下関市立美術館 蔵

明治・大正時代の画家、自然科学者

1850(嘉永3)年〜1931(昭和6)年

 1850(嘉永3)年、萩藩医の子として萩で生まれ、絵を独学で学びました。明治維新後、新政府の工部省に入り、兵庫県の生野鉱山に赴任すると、外国人からフランス語や地質学、植物学などを学び、日本初の地質図となった山口県の地質図を作ります。その後、内務省や農商務省に移り、日本各地の地質や山林を調べました。

 やがてフランスのナンシー森林高等学校に留学し、植物学を学びます。そこで、後に美術運動「アールヌーヴォー」の担い手の一人となるエミール・ガレらナンシーの美術家たちと交流し、多くの日本画を制作しました。40代後半から画業に専念し、50代で上京すると日本画壇の重鎮として活躍しました。

 晩年、自身が名付けた山口市・萩市の長門峡や、長門市の青海島、下関市豊田町の石柱渓などの景勝地の紹介や、その遊歩道の建設、自然保護にも力を尽くし、満80歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • きらり山口人物伝 Vol.4 夢チャレンジ(夢チャレンジ出版事業刊行委員会 制作)山口県ひとづくり財団
  • 高島北海 HOKKAI 萩とナンシー(高樹のぶ子 著)萩ものがたり

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »