女性参政権獲得と女性弁護士への道を拓いた

高橋 千代

たかはし ちよ

(公財)市川房枝記念会女性と政治センター 蔵

明治・大正・昭和時代の社会運動家

1890(明治23)年〜1969(昭和44)年

 1890(明治23)年、三井村(現 光市)の山本家の長女として生まれました。徳基高等女学校(現 県立厚狭高校)の4年生のとき、周防村(現 光市)出身の教育者・高橋幾造と結婚。中国の大学に赴任する夫と中国へ渡ります。1908(明治41)年に帰国。東京で夫が弁護士を開業すると、千代は女性も法律の知識が必要と考えるようになります。病弱な夫を支え、職業婦人として働き、良き妻、良き母として、女子法学院の設立に向けて奔走し、1928(昭和3)年、夫と共に東京女子法学院を設立。5年後、弁護士法が改正され、女性も弁護士試験を受けられるようになりました。
 また、日本では当時、女性が国政に参加する権利がなく、その権利の獲得に向けて市川房枝らが活動していたころ、千代は理事を務める「婦人参政同盟」を結成し、師と仰ぐ市川らと共同活動をしました。1945(昭和20)年、女性の参政権が実現します。千代はその後も女性の地位向上に尽力し、1969(昭和44)年、満78歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »