学問の自由のためにたたかった法学者

末川 博

すえかわ ひろし

立命館大学 蔵

大正・昭和時代の法学者、立命館大学総長・学長

1892(明治25)年〜1977(昭和52)年

 1892(明治25)年、玖珂郡玖珂村(現 岩国市)で生まれ、岩国中学を経て、京都帝国大学法科大学を卒業後、同大学の教授となり、1931(昭和6)年に法学博士となりました。2年後、文部省が滝川幸辰教授の追放を通告してきたため、法学部教授会では、末川教授が中心となって、学問の自由を守るため文部省と対立することを決め、京大事件(滝川事件)に発展。末川教授はほかの教授らと共に辞職し、その後、大阪商科大学教授となりました。

 終戦後の1945(昭和20)年11月、立命館大学学長、3年後には立命館大学総長兼学長となり、市民への大学開放などの新しい試みを行います。そして1969(昭和44)年に退任し、名誉総長となりました。また、民事法の最高峰の研究者であり、『岩波六法全書』の代表編集人、民主主義の擁護や平和運動の推進者としても知られ、満84歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »