近代軍制の改革者

大村 益次郎

おおむら ますじろう

山口県文書館 蔵

幕末・維新期の医師、兵学者

1825(文政8)年〜1869(明治2)年

 1825(文政8)年、鋳銭司村(現 山口市)に生まれました。父は医師の村田孝益。

 大坂の緒方洪庵の適塾などで蘭学を学んだ後、鋳銭司に帰って医師となります。しかし、蘭学の知識を買われて宇和島藩に仕えることになり、その後、長崎で軍艦の製造法を学びます。

 宇和島藩主に従って江戸へ行き、私塾「鳩居堂」を開き、幕府の講武所でも教えるようになると、評判が江戸の萩藩士に伝わり、萩藩に仕えることになります。

 萩(山口)藩では、軍事改革の総責任者に抜擢され、禄高100石を与えられます。幕府との戦争(第2次長州征討)では、石州口の戦いを指揮し、藩を勝利へ導きました。

 維新後は、兵部省の設置と同時に兵部大輔となり、兵制改革を進めますが、京都で反対派から襲われ、満45歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • 大村益次郎伝(木村紀八郎 著)鳥影社
  • 大村益次郎写真集(内田伸 編)マツノ書店

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »