日本の近代捕鯨の先駆者

岡 十郎

萩博物館 提供

明治・大正時代の実業家

1870(明治3)年〜1923(大正12)年

 1870(明治3)年、阿武郡奈古村(現 阿武町)の西村家の5男として生まれ、同郡福井村(現 萩市)の酒造家・岡家の養子となりました。上京して慶應義塾に学び、卒業して帰郷する際、福沢諭吉から、山口県に近い韓海漁場(朝鮮半島近海)の水産業に注目するよう示唆されたといいます。
 ノルウェー式捕鯨に着目し、1899(明治32)年、三隅村(現 長門市)の山田桃作、山口出身の河北勘七らと仙崎(現 長門市)を拠点に近代的捕鯨会社「日本遠洋漁業株式会社」を創設します。捕鯨砲に習熟したノルウェー人砲手を採用し、自らノルウェーへ行って捕鯨方法を学び、用具も調達。当時の韓国政府(大韓帝国)から韓海漁場での操業許可を得て、同社は苦難を経ながらも日本で初めて経営に成功した近代捕鯨会社となり、やがて「東洋漁業」と改称。その後、他の捕鯨会社を吸収合併して「東洋捕鯨株式会社」と改称し、日本最大の捕鯨会社に成長します。
 十郎はさらに海外漁場の開拓に挑もうとしましたが、1923(大正12)年、満52歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »