人々から愛された大将

乃木 希典

のぎ まれすけ

下関市立長府博物館 蔵

明治時代の軍人

1849(嘉永2)年〜1912(大正元)年

 幕末の1849(嘉永2)年に長府藩士の子として江戸の長府藩上屋敷(現 東京都港区)で生まれました。1858(安政5)年、家族と長府(現 下関市長府)へ転居。学者を志しましたが、父に反対され、家を出て、萩の親戚・玉木文之進や藩校「明倫館」で学びます。1866(慶応2)年には、長府藩の報国隊に参加し、小倉戦争に従軍しました。

 明治維新後、フランス式軍事教育を受け、1877(明治10)年には西南戦争、1894(明治27)年には日清戦争、1904(明治37)年には日露戦争に出征します。中でも第3軍司令官として出征した日露戦争では、旅順を苦戦の末、攻略した一方、2人の息子や多くの兵を失いました。責任を感じて苦しみ涙する姿は、戦争の悲運を象徴する将として、従軍した兵や国民から敬われ慕われました。

 また、文才に優れ、多くの漢詩や和歌などを作り、特に日露戦争中に詠んだ「山川草木」から始まる漢詩は国内外から賞賛されました。1907(明治40)年には、明治天皇に信頼されて学習院院長に就任し、皇族の子弟の教育に心血を注ぎました。そして明治天皇が亡くなられ、その大葬の日である1912(大正元)年9月13日、妻・静子と共に殉死しました。満62歳でした。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • 乃木希典(福田和也 著)文芸春秋
  • 子供寺子屋 親子で学ぶ偉人伝 巻四(監修 荒川和彦、荒川春代)明成社

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »