東洋の化粧王

中山 太一

なかやま たいち

太翔館(下関市立豊北歴史民俗資料館) 蔵

明治・大正・昭和時代の実業家

1881(明治14)年〜1956(昭和31)年

 1881(明治14)年、滝部村(現 下関市豊北町)に生まれました。大分の薬種商で働き、神戸の支配人に抜擢された後、独立。1903(明治36)年に神戸で化粧品雑貨の卸売業「中山太陽堂」を創業します。
 やがて化粧品の製造業に乗り出し、クラブ洗粉、クラブ歯磨など高品質な自社製品を次々と開発してヒット。双美人の商標(デザイン)や、自動車や飛行機を用いた斬新な広告も評判となります。出版会社も始め、谷崎潤一郎などが執筆した文芸雑誌や、有名画家が挿絵を描いた雑誌などを創刊し、大正モダニズムの象徴となります。
 また、故郷に多額の寄付を行い、1924(大正13)年には中山三兄弟の寄付でルネサンス様式の滝部小学校校舎(現 下関市立豊北歴史民俗資料館)が新築されました。戦時中は化粧品の資材調達が困難となり、戦後、会社の復興を進める中で相談役に退き、1956(昭和31)年、満74歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »