ガラス製造、写真術、パン…。多才な先駆者

中嶋 治平

なかしま じへい

治平鋳造のガラス器具(萩博物館 蔵)

幕末の科学者

1823(文政6)年〜1866(慶応2)年

 1823(文政6)年、萩で朝鮮通詞(通訳)を務める家に生まれました。1856(安政3)年に私費で長崎へ行き、朝鮮語やオランダ語、英語を学びました。そのころ大流行していたコレラの予防法を長崎から萩藩に提出したことが評価され、藩の公費で学べることになりました。やがて軍事力を高め、産業を盛んにするには、化学・科学が必要だと考えるようになり、オランダ人から蒸気機関や製鉄などを学びました。

 1859(安政6)年に萩に帰ると、藩に鉄工局の開設や化学の利用法などを建白し、藩から実力を認められ、ガラス製造所の開設に関わります。鹿児島へ行き、ガラス製造を視察。長崎で英国製の蒸気車の模型を買って帰り、藩主の前で試運転し、蒸気の力を披露します。その後も化学の必要性を藩に訴え続けたほか、写真術、沈没した軍艦の引き上げ、パン製造などの実用化を図りました。1866(慶応2)年2月には念願の理化学研究所の総裁となりますが、12月、病で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »