代表作「帰郷」などで知られる抒情詩人

中原 中也

なかはら ちゅうや

中原中也記念館 写真提供

明治・大正・昭和時代の詩人

1907(明治40)年〜1937(昭和12)年

 1907(明治40)年、山口町(現 山口市)の湯田温泉で生まれました。祖父も父も医師。小学校時代は成績が良く、周囲から期待されて育ちますが、中学校入学後、文学にのめり込み、落第。京都の中学校へ転校すると、高橋新吉の『ダダイスト新吉の詩』に刺激を受けてダダイズムの詩を作り始め、フランス象徴詩も学びます。

 やがて東京へ移り、1933(昭和8)年にはフランスの詩人ランボーの翻訳詩集『ランボオ詩集≪学校時代の詩≫』、翌年には自身の詩集『山羊の歌』を刊行します。また、『ランボオ詩集』刊行の年に結婚し、翌年、長男が誕生します。しかし、長男を1936(昭和11)年に病気で失い、ショックで入院。退院後、鎌倉に転居。帰郷を決意しますが、病にかかり、帰郷はかなわず、1937(昭和12)年に満30歳で亡くなりました。

 死去の翌年、友人の文芸評論家・小林秀雄に清書原稿を託していた詩集『在りし日の歌』が刊行されます。その後、哀愁を帯びた中也の詩は多くの人々の心に届き、広く愛されるようになりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »