幕末の藩政改革者

村田 清風

むらた せいふう

山口県立山口博物館 蔵

江戸時代後期の萩藩士

1783(天明3)年〜1855(安政2)年

 1783(天明3)年、三隅村(現 長門市三隅)で萩藩の中級武士の家に生まれました。藩財政が非常事態に陥っていた1838(天保9)年、藩主・毛利敬親から財政立て直しの責任者として抜擢され、改革を実行します(天保の改革)。

 その中には、下関に寄港した諸国の廻船に貸倉庫業や金融業を行う越荷方の充実、産物専売制の推進もありました。これによって藩財政を大きく改善したほか、中国でのアヘン戦争などの欧米列強の脅威を背景に洋式砲術の導入などの対外防備も強化しました。

 命を度々狙われながらも改革を進めましたが、越荷方の充実は幕府の圧力を、家臣の借金返済を救済する大胆な政策は商人の不満を招き、失脚。三隅で子弟の教育を始め、周布政之助や吉田松陰にも影響を与え、満72歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • 九州長州文化図録撰書弟九号 長州維新の道 下巻 萩往還 維新を成した政治と教育 (遠藤順子 発行  遠藤薫 編)図書出版のぶ工房
  • 清風読本(三隅町教育委員会 発行・編集)アリフク印刷株式会社
  • 村田清風入門(平川喜敬 著)大村印刷株式会社

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »