山口県の女子教育のパイオニア

毛利 勅子

もうり ときこ

山口県立厚狭高等学校 蔵(山陽小野田市観光課 協力)

教育者

1819(文政2)年〜1879(明治12)年

 1819(文政2)年、徳山藩8代藩主・広鎮の7女として生まれ、厚狭毛利家の元美(能登)に嫁ぎました。
 明治維新後、勅子は船木区長・兼重慎一と女子教育の重要性を県に訴え、厚狭郡船木村(現 宇部市船木)に1873(明治6)年、「船木女児小学」を開設し、校長・訓導となります。勅子の熱心な指導などにより、児童数は年々増加。1878(明治11)年、2階建ての新校舎建築に取り掛かりますが、教壇で倒れ、翌1879(明治12)年、校舎の完成を見ることなく亡くなります。満59歳でした。
 その年、校名は勅子の徳をしのんで「徳基学舎」と改められ、さらに1884(明治17)年には「徳基高等女学校」と改称され、県内初の高等女学校となりました。
 同校は1908(明治41)年、厚狭郡厚西村(現 山陽小野田市にある厚狭高等学校南校舎の地)に新築移転、さらに県立厚狭高等女学校、県立厚狭女子高等学校、県立厚狭高等学校と改称し、現在に至ります。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »