明治政府高官を辞職し、不平士族のリーダーに

前原 一誠

まえばら いっせい

山口県立山口博物館 蔵

幕末の志士・明治時代の政治家

1834(天保5)年〜1876(明治9)年

 萩藩士佐世家の長男として萩に生まれ、厚狭郡船木目出(現 山陽小野田市)で育ちました。1857(安政4)年、松下村塾に入塾。吉田松陰から「勇あり、智あり、誠実人に過ぐ」と評されるようになります。その後、尊王攘夷派の志士として活動。1864(元治元)年の「禁門の変」「四国艦隊下関砲撃事件」後、藩内で意見が2つに分かれて激しく対立すると、晋作らと共に戦って諸隊を勝利に導き、藩論の統一に力を尽くします。1865(慶応元)年、佐世から前原へ改姓。第2次長州征討(四境戦争)では小倉藩の降伏に力を尽くし、1868(明治元)年の戊辰戦争では参謀として長岡城攻略に当たります。
 1869(明治2)年に越後府判事、参議、兵部大輔となりますが、新政府と意見が合わなくなり、翌年辞職し、病気を理由に帰郷します。1876(明治9)年、山口県の不平士族を統率して挙兵(萩の乱)。しかし、出雲宇龍港(現 島根県出雲市)で捕えられ、萩で処刑されました。満42歳でした。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »