松下村塾の双璧、松陰の妹・文の最初の夫

久坂 玄瑞

くさか げんずい

山口県立山口博物館 蔵

幕末の志士

1840(天保11)年〜1864(元治元)年

 1840(天保11)年、萩藩医・久坂家の次男として萩で生まれました。母、兄、父を相次いで亡くした後、兄の友・月性から勧められて吉田松陰に学ぶようになります。松陰からは「長州における年少の第一流の人物」と評価され、また、勧められて松陰の妹・文と結婚します。
 松陰の死後は、その遺志を継ぎ、尊王攘夷派の志士として奔走し、1863(文久3)年5月には関門海峡で攘夷戦を決行します。ところが、それまで尊王攘夷派のリーダーだった萩藩(長州藩)が突然、京都から追放されます(8月18日の政変)。萩藩では、京都での主導権を回復すべく、1864(元治元)年6月、家老らが軍を率いて京都へ進発し、朝廷に嘆願します。しかし、嘆願は受け入れられず、7月18日、長州軍は京都へ向け進軍、19日会津勢らと戦い、敗退します(禁門の変)。その際、玄瑞は進軍に反対し、最後まで公家への嘆願に動きましたが叶わず、自刃。満24歳でした。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »