日立鉱山の開発者

久原 房之助

くはら ふさのすけ

JX日鉱日石金属株式会社 蔵

明治・大正・昭和時代の実業家、政治家

1869(明治2)年〜1965(昭和40)年

 1869(明治2)年、藤田伝三郎の兄、久原庄三郎の子として萩で生まれました。伝三郎と父らが創業した藤田組に入社し、鉱山の再開発で大きな成果を上げます。

 その後、独立。久原鉱業(現 JX日鉱日石金属株式会社)を創業して茨城県の日立鉱山を世界屈指の銅山に育て上げたほか、国内外で事業を成功させます。1917(大正6)年には下松に造船などを行う世界的な大工業都市建設を計画します。しかし、アメリカによる鉄鋼の輸出禁止により、計画を断念。房之助は事業を義兄の鮎川義介にゆだね、政治家に。逓信大臣などを務めて活躍し、満95歳で亡くなりました。

 なお、下松に計画された造船所はその後、蒸気機関車の製造を始め、現在は新幹線などを造る日立製作所笠戸事業所となっています。また、房之助は生前、下松工業学校(現 下松工業高等学校)の設立費を寄付するなど下松の発展に貢献しました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »