萩藩と幕府との間を周旋

吉川 経幹

きっかわ つねまさ

岩国徴古館 蔵

岩国藩主

1829(文政12)年〜1867(慶応3)年

 岩国領主・吉川家の長男として生まれ、吉川家の家督を継ぎました。経幹は1863(文久3)年、萩藩主・毛利敬親から政局への協力要請と同時に、それまで藩として認められていなかった吉川家の待遇の改善を約束されます。それを受けて経幹は敬親の代理として京都へ上ります。
 ところが「8月18日の政変」が起き、萩藩(長州藩)と攘夷派の7人の公卿(七卿)が京都から追放され、経幹は七卿を護衛して帰国します。1864(元治元)年、経幹は反対したものの、萩藩は再起を図って京都へ進発し、御所で会津藩などと戦い、敗退します(禁門の変)。その直後、朝廷の命令を受けた幕府が長州征討へ。そのとき経幹が幕府軍と交渉し、征討は中止となります。1866(慶応2)年、幕府は再び諸藩に長州征討を命令(第2次長州征討。四境戦争)。経幹は萩藩と協力して戦い、幕府軍に勝利します。
 しかし翌年、経幹は満37歳で病死。突然の死は伏せられ、1868(明治元)年、敬親の推挙で岩国藩主として認められた後、死去が発表されました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »