大久保利通・西郷隆盛と並ぶ「維新三傑」

木戸 孝允

きど たかよし

山口県立山口博物館 蔵

幕末の萩藩士・明治時代の政治家

1833(天保4)年〜1877(明治10)年

 1833(天保4)年、萩藩医和田昌景の次男として萩で生まれ、萩藩士桂家の養子となって家督を継ぎ、通称、桂小五郎と名乗りました。吉田松陰の山鹿流兵学の門人となった後、江戸へ。海防への関心を深め、尊王攘夷運動の指導者となる一方、勝海舟らとも親しくなります。

 1863(文久3)年8月18日の政変で萩藩が京都から追放され、翌年、藩が再起を図った「禁門の変」で敗退すると一時潜伏しますが、帰藩して藩政の中枢に参画。幕府による第2次長州征討が迫る中、坂本龍馬の斡旋で薩長盟約を締結するなど、倒幕への動きの中で大きな役割を果たします。

 維新後、新政府の中心となり、版籍奉還、廃藩置県を断行。欧米視察後、内治優先を主張し、征韓論に反対。西南戦争の最中、京都で病のため満43歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • 木戸孝允 「勤王の志士」の本音と建前  日本史リブレット人 070(一坂太郎 著)山川出版社
  • 木戸孝允  幕末維新の個性 8(松尾正人 著)吉川弘文館
  • 桂小五郎 奔れ!憂い顔の剣士  時代を動かした人々 維新篇 7(古川薫 著 岡田嘉夫 画)小峰書店
  • 長州にとって竜馬は恩人だった・・・。竜馬と長州 坂本竜馬と長州藩士たち。(月刊タウン情報YAMAGUCHI編集部)株式会社ザメディアジョン
  • 九州長州文化図録撰書弟八号 長州維新の道 上巻 赤間関街道中道筋攘夷戦争と長州藩の足跡(遠藤順子 発行  遠藤薫 編)図書出版のぶ工房

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »