シベリヤを描き続けた画家

香月 泰男

かづき やすお

香月泰男美術館 蔵

昭和時代の洋画家

1911(明治44)年〜1974(昭和49)年

 1911(明治44)年、三隅町(現 長門市)で代々続く医師の家に生まれました。複雑な家庭環境の中、絵を描くことが救いとなり、絵描きになろうと決心します。東京美術学校(現 東京藝術大学)に入学し、洋画家・藤島武二に師事。卒業後、美術教師となり、北海道での勤務を経て、下関高等女学校へ転勤。結婚し、子どもにも恵まれます。1939(昭和14)年には文部省美術展覧会に出した作品が特選となり、画壇に華々しくデビューします。

 1943(昭和18)年32歳のとき、軍隊に召集されます。終戦後はソ連(現 ロシア)によってシベリヤに抑留され、酷寒の中、過酷な労働と飢えで仲間が次々と死去。彼らの死に顔を香月はスケッチし、いつか遺族に渡そうと考えますが、ソ連兵にスケッチを没収されます。1947(昭和22)年、香月はようやく帰国を果たします。

 帰郷後は深川高等女学校に勤務。やがて忘れることができないシベリヤでの日々を描き出す「シベリヤ・シリーズ」に取り組み、苦心の末、炭を使った独特の技法を確立します。1960(昭和35)年に教師を退職し、画業に専念。「シベリヤ・シリーズ」は第一回日本芸術大賞を受賞し、一躍注目を集めます。その後もふるさと三隅を「<私の>地球」と呼び、三隅を拠点に描き続け、1974(昭和49)年にこの世を去りました。満62歳でした。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »