松陰から信頼され、松陰の妹と結婚

楫取 素彦

かとり もとひこ

楫取能彦氏 提供

幕末の萩藩士・明治時代の政治家

1829(文政12)年〜1912(大正元)年

 1829(文政12)年、萩の藩医・松島家の次男として生まれました。儒者・小田村家の養子に入って小田村伊之助となり、藩校「明倫館」勤めを経て、江戸藩邸勤めのとき、吉田松陰と親しくなります。帰郷後、松陰の妹・寿子と結婚。安政の大獄によって江戸送りとなった松陰から「松下村塾」を託されますが、藩主の側近に抜擢されて東奔西走することになり、松下村塾に長く関わることはできませんでした。1867(慶応3)年、藩命によって楫取素彦と改名します。

 1876(明治9)年に群馬県の初代県令となり、製糸業や教育の振興などに尽力します。妻を亡くした2年後の1883(明治16)年、その妹・文(久坂玄瑞未亡人。美和子と改称)と再婚します。  その後、元老院議官、明治天皇の皇女の御養育主任、貴族院議員などを歴任。松下村塾の塾舎の保存にも尽力し、1912(大正元)年に満83歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • 楫取素彦伝  耕堂 楫取男爵伝記(山口県萩市 群馬県前橋市発行)群馬県文化事業振興課
  • 楫取素彦読本 -吉田松陰との絆を活かして新しい群馬の扉を開いた人-(楫取素彦顕彰会会長 中村紀雄著)楫取素彦顕彰賛助会(会長 曽我孝之)
  • 幕末「長州」史跡散歩(一坂 太朗 著)洋泉社
  • 吉田松陰とその妹文の生涯(不破俊輔)明日香出版社
  • 吉田松陰と教育(折本章 著)
  • 松陰の妹 文と松下村塾(塩見正孝)株式会社三才ブックス
  • 至誠の人 楫取素彦(吉村 洋輔 執筆)大村印刷株式会社

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »