高杉晋作らを助けた下関の豪

入江 和作

いりえ わさく

下関市立東行記念館 蔵

幕末の商人

1833(天保4)年〜1905(明治38)年

 1833(天保4)年、豊前国企救郡(現 福岡県北九州市)で生まれ、入江家の養子となりました。入江家は下関の西ノ端(現 下関市南部町)で栄えた商人の奈良屋一門で、和作は酢の醸造業「奈良屋」を営み、大年寄もつとめた豪商でした。
 和作はさまざまな志士たちを支えたことで知られます。1863(文久3)年、高杉晋作が「奇兵隊」の本陣を阿弥陀寺(現 赤間神宮)に移した際、晋作が宿舎としたのは和作の屋敷でした。1864(元治元)年、晋作が当時の藩政府の実権を握る人々の打倒を目指して決起した際には、和作はお金を提供して支援。翌年、晋作が四国へ亡命した際には、和作が旅費を用意して支えます。
 また1865(慶応元)年、「薩長盟約」締結に向けて動いていた坂本龍馬が下関に来た際には、和作は龍馬の訪問を受けています。そして1865(慶応2)年、晋作の恩人で福岡藩によって姫島に幽囚されていた野村望東尼が晋作から頼まれた人々によって救出された際、和作は望東尼を下関でかくまいました。
 志士らを物心両面から支えた和作。1905(明治38)年に亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »