人生の「えん歌」を作り続けた作詞家

星野 哲郎

ほしの てつろう

荒牧万佐行 撮影、紙の舟 蔵

昭和・平成時代の作詞家

1925(大正14)年〜2010(平成22)年

 1925(大正14)年、大島郡森野村(現 周防大島町)で生まれました。幼くして両親が離婚し、祖母に育てられます。静岡県にあった高等商船学校を卒業後、遠洋漁業の船に乗り込みますが、病気になり、山口市の病院に入院。退院後、実家でほぼ寝たきりの生活を3年間送る中、歌詞の懸賞に応募するようになります。1957(昭和32)年、横浜開港100周年記念の歌に歌詞を応募し、1位・2位を独占。作曲家の船村徹さんから誘われ、プロを目指して上京します。遠縁の朱實さんと結婚した1958(昭和33)年、レコード会社専属の作詞家に。

 清書などを行う朱實さんと二人三脚で「アンコ椿は恋の花」「函館の女」「三百六十五歩のマーチ」「男はつらいよ」「昔の名前で出ています」「風雪ながれ旅」「兄弟船」などヒット曲を連発。それらは人生の応援歌となって人々に永く愛される歌となります。57歳でフリーの作詞家になった後も「みだれ髪」など多くのヒット曲を送り出し、日本作詩家協会会長、日本音楽著作権協会会長に就任。

 また、ふるさと周防大島への思いは強く、1988(昭和63)年から13回にわたって「全日本えん歌蚤の市」を開催したほか、2007(平成19)年には「星野哲郎記念館」をオープン。2010(平成22)年、満85歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »