日本の宝を守った萩出身の財界のリーダー

藤田 伝三郎

ふじた でんざぶろう

萩博物館 提供

明治時代の実業家

1841(天保12)年〜1912(明治45)年

 1841(天保12)年、萩で酒造業を営む家に生まれました。明治維新後、大阪に出て、当時輸入品だった軍用の靴の製造などを請け負った後、兄2人と土木建設などを行う「藤田組」を設立します。藤田組は大津-京都間の鉄道工事を手掛け、当時日本一の長さの「逢坂山トンネル」の難工事も日本人だけで成し遂げました。ほかにも日本人だけの手による「琵琶湖疏水」工事や、全国各地の鉱山経営、現在日本を代表する多くの大企業の設立に関わり、財界のリーダーとして活躍しました。

 伝三郎は、仏教美術や茶道具などの古美術品の海外流出を防ごうと、その収集も行いました。それらを収めた大阪本邸の蔵は現在「藤田美術館」として、国宝の茶碗など、貴重な日本の宝を守り続けています。また、伝三郎はふるさと萩へ多額の寄付を行い、満71歳で亡くなるまで、ふるさとを大切にし続けました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

  • 藤田伝三郎の雄渾なる生涯(砂川幸雄 著)草思社
  • Vol.33 日本の近代を拓いた萩の産業人脈 -起業家たちの情熱と挑戦-(樋口尚樹 著)萩ものがたり

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

« »