萩藩に西洋の医学などを導入

青木 周弼

あおき しゅうすけ

江戸時代後期のオランダ医学者

1803(享和3)年〜1863(文久3)年

 1803(享和3)年、周防大島郡和田村(現 周防大島町)の医家・青木家の長男として生まれました。父の師の萩藩医・能美家で漢方医学を学んだ後、江戸に出て蘭学を学び、緒方洪庵と並ぶ日本屈指の蘭方医として知られるようになりました。

 1839(天保10)年、能美洞庵の推薦で萩藩に召し抱えられます。周弼の進言によって1840(天保11)年、医学を学ぶ「医学館」を萩藩が開設すると、周弼はその蘭学教授となり、その後も医学教育の刷新・洋学の振興に力を尽くしました。

 1849(嘉永2)年、当時大変恐れられていた感染症「天然痘」を防ぐ「牛痘」接種法を学ぶため弟の研蔵を長崎へ派遣し、その後、弟と共に藩内で初めて実施しました。

 1851(嘉永4)年、藩主毛利敬親の侍医となります。アジアで欧米の国々による植民地化が進むことに脅威を感じ、藩に西洋兵学を紹介することにも努め、1863(文久3)年、満61歳で亡くなりました。

「山口県の先人学習コーナー」施設内の参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。

»