諸芸(しょげい)(すぐ)れ、旅に生きた女性俳人(はいじん)

田上 菊舎

たがみ きくしゃ

菊舎旅姿 菊舎顕彰会 提供

江戸(えど)時代の俳人

1753(宝暦(ほうれき)3)年〜1826(文政(ぶんせい)9)年

 1753(宝暦3)年、長府藩士(ちょうしゅうはんし)・田上由永(よしなが)の長女として田耕(たすき)村((げん) 下関(しものせき)市)で生まれました。(おさな)いころから俳諧(はいかい)に親しみ、やがて同じ村の村田利之助(りのすけ)結婚(けっこん)しますが、22(さい)(おっと)死別(しべつ)。その後、長府の五精庵只山(ごせいあんしざん)から「菊車(きくしゃ)」の俳号を(さず)かり、長府へ(うつ)っていた田上家に復籍(ふくせき)します。再婚(さいこん)の道は(えら)ばず、行脚(あんぎゃ)しながら俳諧を(きわ)めたいと考え、1781(天明元)年、(はぎ)清光寺(せいこうじ)得度(とくど)して(あま)となり、俳諧の旅へ。当時、女性(じょせい)の一人旅はとても大変なことでした。美濃(みの)(現 岐阜(ぎふ)県)の俳人・朝暮園傘狂(ちょうぼえんさんきょう)(たず)ねて門人となって「一字庵(いちじあん)」の号を授かり、「おくのほそ道」を訪ねる旅へ。

 1783(天明3)年「菊舎」に改号(かいごう)。その後も生涯(しょうがい)の大半を旅に生き、宇治(うじ)(現 京都府宇治市)の萬福寺(まんぷくじ)では「山門を出れば日本ぞ茶摘(ちゃつみ)うた」の()()み、名を高めます。俳諧だけでなく、優れた和歌・漢詩・書画・七絃琴(しちげんきん)・茶道などを通じて公卿(くぎょう)らとも交流。1811(文化8)年には京都の大徳寺(だいとくじ)で茶会を(もよお)し、翌年(よくねん)奈良(なら)法隆寺(ほうりゅうじ)では特別(とくべつ)(ゆる)されて中国伝来の開元琴(かいげんきん)演奏(えんそう)。同年「月を(かさ)に着て遊ばゞや旅のそら」の句を冒頭(ぼうとう)(かか)げた俳諧紀行文『手折菊(たおりきく)』を刊行(かんこう)します。晩年(ばんねん)、ふるさと田耕へ旅し、(さか)んに俳諧を興行(こうぎょう)。1826(文政9)年、長府で死去。(まん)72(さい)でした。

田上菊舎クイズ

問題1

美濃(みの)俳人(はいじん)朝暮園傘狂(ちょうぼえんさんきょう)(たず)ねて門人(もんじん)となり「一人庵(ひとりあん)」の(ごう)(さず)かり「おくのほそ道」を(たず)ねる(たび)へ出ました。
A
B
説明 
「一字庵」の号を授かりました。
完了するには、1質問があります。
戻る
網掛け部分は完了した項目です。
1
戻る

参考資料

関連施設

「山口県の先人たち」に掲載されている個々の文章、写真などは著作権の対象となっています。ご利用にあたっては、著作権法の範囲内でご使用ください。